Copyright (C) 2018 株式会社 スイコー All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】

 
  • Facebook page suikoo

物件探しからアフターケアまで

中古住宅 plus リノベーション

Re:Plus

​夏涼しく、冬暖かく、耐震性向上のリノベーション

Re:Plus

レプラスとは

合理的設計指針による先導的リノベーションを実現

一般的リノベーション
plus 耐久性
plus 耐震性
plus 省エネ性
plus 維持管理性

特定性能向上リフォーム該当レベルなので、既存住宅の長期優良住宅認定や補助金活用も可能です。

新築が買えないから中古という時代から​、新しいスタイルへ

「賃貸」か「持ち家」かで悩む

「マンション」か「戸建」で悩む

​「新築」か「中古」で悩む 

​「都心」か「郊外」で悩む

​「都銀」「地銀」「信金」「農協」「ノンバンク」借入はどこがいい?

「固定金利」「変動金利」どっちが有利?

 新築を購入して、すぐに売ろうとするとそのほとんどは購入価格で買い取ってもらえることがありません。立地等での好条件でもない限りは2割程度安くなります。1日でも生活する(入居)と中古住宅としての扱いに変わってしまいます。現在の中古住宅流通においては20年も経つと建物価値はゼロ円になってしまうのです。

 新築戸建住宅へ決める方の中には、いくらローンを組めるか、毎月支払えるかで総予算を決め、土地を優先にして残りの予算を建築費用に充てられるケースがあります。その場合に「大手ハウスメーカー」→「中堅ハウスメーカー」→「地元ホームビルダー」→「地元工務店」→「ローコストビルダー」のような流れで予算に見合う会社を選択されます。その時に妥協に妥協を重ねて、だんだん疲れていき、夫婦ケンカや両親からの意見などに振り回されて嫌になって断念してしまうことも、、、。

 ​ だったら、「中古」にすれば安く済むからと切り替えて検討されるお客様もいらっしゃるのですが、お客様の気に入るようにリフォームするとフルオーダーになるため新築の規格商品よりも高額になってしまうことがあるのです。

 いずれの選択においても「メリット」と「デメリット」があります。「理想的な土地」はいつまでも見つからないことが多く、「商品」「技術」は常に進化し続けており、「資材」は限りあるものが多く、「金利」も変動しています。そして、何より過去へ戻れない以上、今(現在)が一番若い時であり、明日は今日よりも老いへ1日進んだことになります。

Re:Plus

は最高品質・最高技術ではありません。しかし、一般的リフォームとは一線を画し国土交通省による特定性能向上に区分される劣化対策(耐久性)・耐震性・省エネ性・維持管理性についてプラスした性能向上リフォームとお客様のライフスタイルとライフプランに配慮したリノベーションです。

 創業33年目の当社は住宅ひと筋で営んで来ました。創業から12年間は先代社長により大手ハウスメーカーの下請け専門でバブル絶頂期も経て、仙台エリアの新築に沢山携わりました。

 1996年に二代目社長に代わり、脱下請け化への道へ踏み出すことで住宅リフォーム専業へとシフトしていきました。1996年当時はリフォームが洋服リフォームの言葉としてしか認知されておらず、増改築とか営繕という言葉が使われていた時代です。リフォーム草創期よりリフォームに特化して営み、ハウスメーカーや工務店によって新築された住宅や不動産会社によって新築されたマンションのリフォームを直接お客様よりの依頼のみを受けて来ました。元請け先へのしがらみが一切ないため、他社が新築した住宅をお客様目線で見ることが可能となりました。

 それから20年目に新築のモデルハウス2棟を同時オープンさせて、本格的に新築事業を立ち上げました。そして不動産事業も重ね合わせたことで、住宅に専門特化した会社へと進化しました。

 昨今はハウスメーカーがリフォームを、大手不動産会社がリフォームを、ホームセンターがリフォームを、家電量販店がリフォームを行うようになりました。そのような時流の中で、当社は他社が新築した住宅リフォームを元請けとして20年間、お客様にとって長く快適に安全に住まい続けられる住まいづくりを追い求め続けてきた経験を基に、新築商品と中古住宅リノベーション商品をお客様へ提供するようになりました。

資料請求ご利用下さい。

もう少し詳しく知りたいという方は
0120-81-1415
定休日:水曜日
受付時間:10:00〜12:00,13:00〜18:00