​老後に困らないため

​老後生活の安心安全 3つのポイント

事例から将来のヒントを探る

スイコー様壁面サイン.jpg

老活セミナー

老後の生活を自分らしく

安心安全に

人生を完熟へと

スクリーンショット 2021-02-07 10.57.17.jpg

老後の悩み・困りごと

097300.png

健康

1181897.png

お金

1395838.png

住居

​1組ごとの予約制

来場 or オンライン

限定先着順

☎ 0120-81-1415

​受付時間 10:00-12:00  13:00-18:00

​定休日:水曜日

1つ以上 当てはまる方は、この機会にどうぞご利用ください!

■ 定年退職が間近な方

■ 定年退職された方

■ 健康不安のある方

■ 自宅で過ごす時間が長い方

■ 夜中にトイレが近い方

■ 入浴をおっくうだと感じる方

■ 家の中が寒いと感じる方

■ 老後資金に不安のある方

■ 築30年の住宅に居住の方

■ これから20年以上居住予定の方

■ 仙台市中心部へ住み替えしたい方

■ マンションへ住み替えたい方

■ 自宅を賃貸住宅にしたい方

​■ 自宅を売却したい方

​参加費無料

セミナー参加

3つの安心ポイント

メダル人気セミナー開催回数#4outline.png
メダルBLR瑕疵保険キャンペーンoutline.png

3つのポイント

日本人の平均寿命が毎年更新され

人生100年時代を超える未来

すぐ近くまで来ています。

しかしながら平均寿命に比例して

健康寿命が伸びている訳ではありま

せん。

 

世界20か国で刊行されている

ハーバード大学の世界的権威

デビッド・A・シンクレア教授による

「LIFE SPAN 老いなき世界」は、

最先端科学とテクノロジーが

老化のメカニズムを解明したことを

表し衝撃の未来を世界中に広めてい

ます。

その著書では120歳が

特にレアなことではないこと、

老いそのものが病気であることを

表現し、これまでの老化と寿命に

関する概念を覆す学説です。

ただ、その老いない人生を

享受できるのは一律に

誰でもという訳ではないことも

主張されており「健康」であるこ

との重要性をヒシヒシと感じさせ

られる内容です。

現代社会でも既に世界中にて

長寿命化が進んでいるものの

3つの問題「病気」「貧困」

「住むところ」についての深刻さ

が増しています。

現代の日本の住宅は、戦後の復興

そして高度経済成長期の人口移動

による住宅不足問題を解決するため

供給量を急速に増やす政策により

造られ続けてきた建築物です。

大手ハウスメーカーが

プレファブ住宅と呼ばれる

所以にもなっていることも

分かるように世界に類のない

日本固有の住宅事情になっている

のです。

家は財産だという概念がありまし

たが、現実的には築20年で資産

価値がなくなり、売却しようとし

ても土地の価格でしか売れません。

老朽化が進んでいると解体しないと

売れなくなってしまいます。

財産だったはずが

負債になっているというケースも

珍しいことではなくなりました。

55歳定年で人生60年から

70年という時代であれば、

新築後30年で

家の所有者が居住しなくなり

解体して新たな子育て世代が

生活をスタートするという

パターンに違和感を感じなかった

のでしょうが、

今日に至ってみると

65歳の定年から少なくとも20年は

住む場所が必要という現実に直面

しています。

30年程度の寿命として

建築されていた住宅に

そこから20年から30年

​居住するということです。

老後生活の安心安全3つのポイント

老後生活の安心安全3つのポイントとは

「健康」「お金」「住居」

についての不安を

軽減することが重要です。

こちらについては、

既にみなさんご存知のことですね。

それでは「健康」について

どのようなポイントを

見落としているか

ご存知ですか?

テレビを付けていると

朝も昼も夜も

テレビ通販にて「健康」に関する

健康食品やダイエット器具などが

次から次へと

様々な種類が売られています。

『安いなぁ』とか

『お得だなぁ』とか

『効きそうだなぁ』とか

思って購入して

使用されている方が

沢山いらっしゃるから

高額な広告費用のTVCMを

じゃんじゃん流せるのでしょうね。

そのような状況なのに、

冬は灯油代の負担が重たく感じて

寒いのをガマンする生活。

夏は電気代を気にして

エアコンを極力使わない生活を

されている方が

多いのです。

寒波が襲来しても

朝目覚めて

ベッドから起き上がることが

心地よい生活。

夏の熱帯夜でも

暑さやジメジメ感で

寝苦しくて

夜中に目覚めずにすむ生活。

心地よい睡眠と

気分がよい寝起き

このような暮らしを実現されている

​ご家庭が増えているのですよ。

「お金」については、

2019年6月3日に金融庁金融審議会

市場ワーキング・グループ報告書

「高齢社会における資産形成・管理」

にて老後資金として

2000万円が必要だと

話題になりました。

 

これを期に老後破産や高齢者の貧困化

についての書籍や週刊誌記事が増加

しています。

 

老後破産や高齢者の貧困化については、

様々な要因やケースがあるようです。

 

回避するには、50代の頃にリタイア

メントプランを立てキャッシュフロー表

を作成して生活支出の見直しが

安心材料になります。

「住居」は、最も大きな影響を

及ぼす項目になります。

賃貸住宅に居住されている場合には、

その賃貸住宅が居住し続けられる

建物なのかという要素があります。

 

持ち家の戸建住宅の場合にも同様な

課題があります。

マンションの場合には、建て替えが

必要になった場合にまとまった支出に

対応できるかとうい課題があります。

高齢期に住み替える場合には、

賃貸住宅への入居が困難なケースが

あります。有料老人ホームや施設と

いう選択肢が複数ありますが、

予算やタイミングによって思うように話し

が進まないというケースがあります。

「健康」「お金」「住居」

この3つの項目は相互に関連しています。

いかにバランスを取って最善値を見つ

けていくのかがポイントなのですが、

日本は世界に先駆けて高齢社会を突き

進んでいるため手探り状況になってい

ます。

『なんとかなるさ』と開き直って今を

楽しんで生活するのもひとつの選択肢

です。でも、ここまでお読みくださっ

たあなたは賢明な選択をしたいと

お考えですよね。

何か斬新な手段がある訳ではありませ

んが、当社は住まいづくりを通し

家守り」の役目を数多くの顧客様より

担わせていただいています。

 

その積み重ねてきた実績により、

老後生活の安心安全なポイントを

サービスとして提供できるようにな

っています。

顧客様が遭遇したトラブルについて

ご相談を受ける中で、早めに対策し

ていれば回避できたいただろうとい

う案件もあります。

 

あらかじめ準備しておくことをポイ

ントなどを事例から学んでみてはい

かがでしょう。

この機会を逃さず「老活セミナー」

にて老活事例を勉強してください。

1組様限定にて開催しています。

無料であり、その場で何らかを販売

したりすることが一切ありません。

 

そのため、開催回数を増やすことは

できないので申込み受付順にて

受講できます。

今すぐに申し込み手続きをどうぞ!

お客様の声

具体的でとてもわかりやすい説明でした。信頼できるパートナー探しは極めて重要だと痛感しました。 富谷市 K・S様

色々検討中の土地があるのでもう一度再考して確認しなければと思った。 仙台市泉区 S・Y様

土地を探していたけれど家を考えるのが先だと分かった。 仙台市青葉区 Y・N様

土地建物を売買するときに留意事項が参考になった。できればレジュメを用意してほしかった。 仙台市宮城野区 K・S様

売った後に税金がいくら掛かるのか分かって良かった。 仙台市泉区 Y・J様

新築にできるか中古物件になるのか全部は理解できませんでしたがとても勉強になりました。 大衡村 S・T様

住み替えを検討。安心してお願い出来ると思う。 仙台市泉区 K・K様

物件の査定をするときにはお願いしたい。 仙台市宮城野区 S・T様

大変勉強になった相続の件で相談したい。 仙台市太白区 S・Y様

色々な情報が手に入って役に立った。今後相談していきたい。 仙台市若林区 H・M様

買い主の立場からの見方がよく分かった。 仙台市泉区 C・K様

​1組ごとの予約制

来場 or オンライン

限定先着順

☎ 0120-81-1415

​受付時間 10:00-12:00  13:00-18:00

​定休日:水曜日